楽しい勉強

私立や国公立の授業料問題や、大学の国際化など、日本では教育の改革が常に取り沙汰されています。教育というものは、長い歴史の中で様々な市民運動や哲学者、教育家が研究を重ね、必要性が叫ばれてきたものです。昔は特権階級だけが手に入れられるものでしたが、教育を受ける機会は常に平等であるべきということが、世界の基軸になっています。日本では国民の義務として、子どもに教育を平等に受けさせるものであるということが法で決められているように、教育は国の礎を築く上でもとても大切なものとされているのです。産業革命の前後では、ヨーロッパではそういった機会が子どもに与えられることはありませんでした。近代化によって、その権利がようやく確率したのです。日本では寺子屋や私塾のような存在が教育機関として発達していました。現在ではこういった機関は民間教育の場として存在し、受験や学校の勉強を補修するためのサービスを提供しています。

大阪では国公立大学や市立の学校が多く存在するため、塾や予備校が多く存在しています。現代では大学は良い会社や公務員になり、安定した道を選ぶために入学したいという人が増加しています。不況が続く世の中ではそういった目的として学校が扱われるのはやむを得ないという状況があります。しかし、勉強はそれだけを目的とするものではありません。勉強をすることは子どもが将来の道を切り開くためのものでもあり、色んな価値観を知るためのものでもあるのです。学問を習得するということは、大学に通うことだけで習得できるというものではありません。生涯学び続けるという姿勢を保つため、大阪では塾や色んな学校が用意されているのです。子どもの内にそういった姿勢を身に付けるため、個別指導や集団指導など、自分に合った学習方法を学ぶことが大切です。